不思議と目に入ってくることが多い「SIMフリー端末」…。

多くの格安SIM企業が世に投入している中より、格安SIMカードを選りすぐる折の決定要素は、価格だと思います。通信容量毎にランキングを載せているので、自らにピッタリくるものを選定してもらえればうれしいです。
SIMフリーという文言がスマホユーザーに拡散するのとほとんど同時に、MVNOという文言も見受けられるようになりました。MVNOは、Mobile Virtual Network Operatorの略になるのです。格安SIMの流通を担っている企業と言えます。
現実にMNPがとうとう導入されたことで、携帯の契約会社を入れ替えるユーザーが増加し、従前より価格競争が激しさを増し、結果我々のようなユーザーにもメリットが齎されたわけです。
価格設定の低いSIMフリースマホが人気を博しているようです。MVNOが市場展開している格安SIMとセットにすると、スマホ料金の大幅ダウンが実現可能だからだ。そこでSIMフリー格安スマホを比較し、ランキング一覧にして見ていただきます。
MVNOとは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリア会社以外の通信関連会社のことです。MVNOが特徴ある格安SIMを販売することで、携帯電話サービスを提供しているのです。

格安スマホの項目別ランキングを掲載しようと思ったわけですが、どれもこれも特長あると言えるので、比較してランキング順を確定させることは、極めて面倒くさいです。
去年(2015年)に「SIMロック解除」が強制化された事もあって、格安SIMをSIMフリータブレットにて利用することにより、通信費をビックリするほど安価にすることが可能になったわけです。
不思議と目に入ってくることが多い「SIMフリー端末」。とは言うものの、これって何のことなのか、そして私達に如何なるメリットを提示してくれるのでしょうか?本当のことを言うと、SIMカードのロックが解除された端末の事を言うわけです。
SIMフリータブレットには、3G専用機種とLTE対応機種という2パターンが販売されています。通信速度を重要なら、高速SIMカードが使えるLTE対応機種に決めてください。
販売をスタートした時は、安いモデルが売れていたMVNO限定のSIMフリー端末だったのですが、今日この頃はいくらか高い端末が注目され、性能的に見てもイライラすることはなくなったようです。

誰もが知る大手キャリアと比較してみると、格安SIMは料金がべらぼうに安いので注目を集めています。料金が割安だからと言っても、データ通信又は通話に不具合があるということもなく、大満足のSIMとなるでしょう。
SIMフリータブレットに関しては、使用可能なSIMカードに制限が設けられていないタブレットです。有名な通信事業者が売り出し中のSIMカードやMVNOが世に出しているSIMカードを使うことができます。
大きさや通信方法が合うと言うなら、1枚のSIMカードを知り合いなどの端末で使えたり、自分自身の端末で、何枚ものSIMカードを入れ替えながら、活用したりすることも問題ありません。
SIMカードは、ETCカードのような役目を担うものだと考えていただければと思います。各種高速道路を利用した時に、現金の支払いが要求されないETCカードは、他人のクルマのETCでも使えます。
格安スマホの月額料金は、現実的には1ヶ月間に使えるデータの容量とスマホの価格で決まってくるわけですから、最初にその割合を、根気よく比較することが重要になります。

自転車保険の義務化次々…

大阪府では来月から、「自転車利用者は、自転車損害賠償保険等に加入しなければならない」という条例の適用が始まります。
府内で自転車を使う場合は府民かどうかを問わず、加入は義務です。
子どもの場合は、保護者が加入させる義務があります。
2015年、府内では自転車事故による死者が50人と前年から16人増えました。
事故数計1万2222件も、全国ワースト1です。
府は条例に合わせ、損害保険会社などと協定を結びました。
自転車販売の「あさひ」とau損保が開発した保険は、本人のみなら月150円、家族タイプだと月270円の保険料で、補償は最大1億円です。
保険料の一部は、交通安全活動などに寄付されます。
大阪府は条例のための問い合わせ窓も設置し、今月は1日60~70件の電話が寄せられているということです。
15年10月、兵庫県は全国に先がけて条例で自転車保険への加入を義務化しており、今年10月には滋賀県も続きます。
保険加入は「努力義務」の東京都や埼玉県も「他県の状況を見て義務化の必要性を考えたい」との構えです。
自治体だけではありません。
立命館大学は学生が起こした自転車の死亡事故をきっかけに、12年度から、自転車通学する場合は、警察官らの講習を受けた上で補償額最高1億円以上の保険加入を義務づけました。
これまでに約1万7千人が登録したとのことです。
自転車を乗るにも、厳しいルールなどが出てきそうですね。
手軽に乗れる乗り物ではなくなってしまいそうです。

一般的な抗うつ剤、若者に効かず

最も入手しやすい抗うつ剤は、深刻なうつ病を患う子どもや10代の若者に対して効果がなく、一部は安全でない恐れもあるとする研究論文が9日、発表されたそうだ。
英医学誌ランセットに掲載された論文によると、有効成分を含有しない偽薬と比較した際、より高い抗うつ作用がみられたのはフルオキセチンのみだったという。
一方、ベンラファキシンは偽薬や5種類の他の抗うつ剤と比べて、自殺願望や自殺衝動のリスク増加と関連性があると指摘した。
さらに、これらの薬剤が若者に及ぼす影響について適切に計画された臨床試験が十分に行われていないと警告。国際研究チームは、若者が抗うつ剤を服用する場合、特に治療を開始したばかりの時期には薬の種類を問わず若者から目を離さないよう勧告したという。
論文によると、抗うつ剤を服用している子どもや10代の若者の割合は2005年から2012年の間に、米国では1.3%から1.6%に、英国では0.7%から1.1%に上昇したという。
この研究結果が事実なら、これまでの治療方法を変えなければならないだろう。より効果的なうつ病の治療が適切に行われるようになってほしいものだ。

立てこもり犯人逮捕へ

24日午後9時ごろから松山駅にほど近い3階建てのマンションの1階で、40代の男が立てこもった事件。20代の女性を人質に取り、警察にも耳を貸さない構えを見せていた。男は包丁を所持しており、警察に「入るな」などど言っていた。
一夜明けて25日の朝になっても立てこもりと説得は続けられ、ついに25日午後2時前に男の身柄を確保し逮捕となった。
人質強要処罰法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、本田一弘容疑者(46)住所や職業についてはわかっていない。人質にとった24歳の女性とは以前交際関係にあったとされている。
男は、マンション敷地内の通路に出てきたところで身柄を確保された。取り調べに対しては、「全てにおいて黙秘する」と話したという。
愛媛県警捜査1課は本田容疑者の身柄を松山東署に移送し、引き続き調べていく方針だ。
女性に怪我はなかったというが、24時間以上監禁されていたので心配だ。一体なぜこんな事件を起こしたのだろう。

猫ひろし五輪出場か

お笑いタレントである、猫ひろしが、マラソンのカンボジア代表としてリオ五輪に出場することが決定的となりました。
5月20日に現地メディアが、五輪出場が決まった選手6人を報じて、そのうちの1人に猫ひろしが含まれていました。
猫ひろしの所属事務所はこの日、取材に対して「正式に出場が決定したというオファーはまだ受けておりません」としながらも、「6月3日に記者会見があるので、その場に来てくれという知らせを受けたと現地の代理人から連絡がありました」と連絡があったことを認めました。猫ひろしは現在、カンボジアに在住しています。
ブログでは現地での生活の様子を写真付きで報告。
24日には「それにしても規則正しい生活。お坊さんみたいな生活です」「本職芸人なんだけどな・・・。とにかく今は走る」などと練習に励んでいることに触れています。

進む「半月板」の再生医療

今、細胞などを使った再生医療の研究が急速に進んでいるそうだ。その対象は「心臓」「目の網膜」「血液」「髪の毛」など、さまざまな部分に広がってきているという。そうした中、数百万もの人が痛みを訴える「ひざ」の再生医療の研究が進んでいるそうだ。
ひざの関節の骨に挟まれた場所にある「半月板」は、衝撃を和らげるクッションの役割をしている。しかし、関節を無理に曲げたりして半月板がずれてすり減ると、骨同士が当たるようになり痛みが出る。
半月板が原因でひざに痛みを抱えている人は高齢者を中心に国内に400万人いると言われ、年間約3万人が半月板の手術を受けているそうだ。しかし、半月板は手術をしても完治は難しいという。
こうした中、半月板を再生させる細心の治療法の研究が進んでいるという。すでに臨床実験は行われており、約3年後には一般的な治療法として行われるようになる見込みとのこと。
ひざの痛みで苦しむ多くの人が最新の治療法によって救われればと願うばかりだ。

沖縄で新種発見、ハチに似たガ

沖縄・国頭村で、全約3センチのハチによく似た新種のガが発見された。国内初のテイノタルシナ属のガで、発見したのは九州大学大学院1年、屋宜禎央さんら。動物の専門誌「ズーキース」で発表され「テイノタルシナ アウランティアカ」と名付けられた。
ハチに擬態するガは、台湾や中国に分布しているが、今回発見された新種はヤンバルだけに生息しており、沖縄本島のハチの特徴である赤色の体から、論文では地理的な影響を受けている可能性があるとされている。ガの飛び方から新種ではないかと気が付いたという屋宜さんは「今後も調査を進め、日本列島に生息する昆虫の多様性や起源を明らかにしていきたい」と話した。
屋宜さんによると、一般的にハチに擬態するガは天敵の鳥から身を守ろうとしているとして、鳥は毒針のあるハチを回避する習性があることも話した。
発見地域は、国立公園化の方針があり生態系の破壊などが懸念されているそうだ。以前にも国内で新種の植物が発見されているし、せめて少ない自然をそのまま残しておきたいものだが。

消防士4人、焼け跡で窃盗

千葉県の夷隅郡市広域市町村圏事務組合消防本部は3月1日、大原消防署の20~50代の男性消防士の4人が、民家火災現場跡から消防車を使用してテーブルを盗んだことを発表しました。
同本部は、窃盗罪でいすみ警察署に告発をし、今後処分を検討しているといいます。
同組合消防本部によりますと、民家火災は昨年の10月上旬にいすみ市内で発生しました。
焼け跡は、そのまま放置されており、12月11日午前、付近の住民から「強風でトタン板がはがれそうだ」との通報がありました。
同日の午後に大原消防署から2小隊8人が出動をし、トタン板をロープで固定し帰署しました。
このうちの1小隊4人が、同日の午後5時すぎに消防車で焼け跡に戻ったのち、2階ベランダにあった円形の石製テーブル天板(直径約90センチ、厚さ約3センチ)を盗み出したいいます。
同本部への投書で発覚しました。
自宅に天板を持ち帰った消防士は事情聴取に対して、「どうせ捨ててしまうからもったいなく、欲しいから持って帰った」と話しているといいます。

宝くじ、システム故障で抽選できず

みずほ銀行は1日、数字選択式宝くじ「ナンバーズ」「ロト6」のオンラインシステムが停止し、抽選できない状態になったと発表した。原因調査と復旧を急いでいるという。
両くじの抽選は通常、午後6時45分頃から作業をはじめ、約20分で終了するそうだ。その約1時間後の午後8時頃には当選番号などを発表している。今回は抽選直前、宝くじの販売実績を集計するシステムが使えなくなったという。これが集計できないと配当額が計算できないそうだ。
システムは「日本宝くじシステム」に管理などを委託。同行の現金自動受払機のシステムとは別で、ATMに影響はないという。
みずほ銀行では2008年3月にもシステムトラブルで抽選ができなくなったことがあるそうだ。この時は停止から3時間余りで復旧したとのこと。
宝くじの抽選発表が遅れて困るという人は多いのだろうか?どれだけの人に影響が出たのかはわからないが、大した問題にはならないのではないだろうか?

「遅刻できない」線路歩く

12日午前8時頃に、JR常磐線の綾瀬駅で乗客がホームから転落したとして非常ボタンが押され、取手発明治神宮前行上りの普通電車が綾瀬駅手前300メートルほど停車した。
ここまでは朝にありがちなニュースなのだが、なんと停車中の列車の乗っていた男性が線路に降りて歩き始めたというのだ。
線路を歩いた男性(40代)は、亀有駅から乗車していたが、列車が止まってしまったことで「会社の大事な会議に遅れてはならない」と言って自力で列車の窓をあけ、線路に降りたという。
その後列車の運転手から連絡をうけた綾瀬駅員に保護され、さらに駅員からの通報をうけた警視庁綾瀬署員に事情聴取され厳重注意を受けたという。
この件で、常磐線各駅停車は運転を見合わせ、一時間ほど後の午前9時17分に運転を再開。常磐線上下線の計41本に最大1時間ほどの遅れがでて、影響をうけたのは6万4千人にのぼるそうだ。
男性も当然会議に間に合う訳もなく、他の乗客とっても大変な迷惑となっただろう。自力で窓から出たというが、窓からの車高はなかなか高さがあると思うのだが・・・。