「この男は誰?」マー君にバッシング

ニューヨークヤンキースの田中将大投手が、4回5失点KO負けを喫した開幕戦から一夜明け、、メジャー2年目にして初めて地元メディアからバッシングを受けた。
4回5失点KO負け以上に、球速90マイル(145キロ)以下に抑えたスタイルに批判が集まった。
地元紙一面で地元のメッツの勝利を報じたデイリー・ニューズは、裏面で田中将大について「WHO IS THIS GUY?」(この男は誰だ?)歳、皮肉たっぷりの刺激的な見出しだ。昨年13勝をあげた1年目との違いを皮肉たっぷりの意味合いが込められている。
記事の中でも、「速球がなければエースをつとめられない」との厳しい意見も。
今後の登板の良い結果でこのバッシングを跳ね返すしかない。昨シーズンは途中から怪我をしてしまっただけに、今季の田中将大への期待は高い。

作り置きできるメイソンジャーレシピ

おしゃれで簡単にできて作り置きできる、メイソンジャーのレシピをご紹介します。
買ってきた野菜や果物を食べやすい大きさにカットして、順番に隙間なく詰め込んでいく、とても簡単に作れるメイソンジャーを使ったレシピ。最大で5日間の保存がきくことから、最近注目を集めています。
人気のレシピはなんと言ってもサラダです。一番下にお好みのドレッシングを入れて、次にニンジンやゴボウ、根菜などの固めの野菜を入れます。つぎにトマトなどの少し柔らかめの野菜を入れて、最後に葉物を入れたら完成です。サラダ以外にもメイソンジャーでは様々なものを作ることが出来ます。たとえばビビンバです。ご飯を入れてナムルを入れてまたご飯を入れてナムルを入れるのを繰り返したら、美味しいビビンバの出来上がりです。最後にコチュジャンを添えましょう。また、タコライスも簡単に作ることが出来ます。
いかがでしたでしょうか。さまざまなレシピがあり、時短にもなるメイソンジャー。あなたも毎食に一品、メイソンジャーを取り入れてみてはいかがでしょうか。