「遅刻できない」線路歩く

12日午前8時頃に、JR常磐線の綾瀬駅で乗客がホームから転落したとして非常ボタンが押され、取手発明治神宮前行上りの普通電車が綾瀬駅手前300メートルほど停車した。
ここまでは朝にありがちなニュースなのだが、なんと停車中の列車の乗っていた男性が線路に降りて歩き始めたというのだ。
線路を歩いた男性(40代)は、亀有駅から乗車していたが、列車が止まってしまったことで「会社の大事な会議に遅れてはならない」と言って自力で列車の窓をあけ、線路に降りたという。
その後列車の運転手から連絡をうけた綾瀬駅員に保護され、さらに駅員からの通報をうけた警視庁綾瀬署員に事情聴取され厳重注意を受けたという。
この件で、常磐線各駅停車は運転を見合わせ、一時間ほど後の午前9時17分に運転を再開。常磐線上下線の計41本に最大1時間ほどの遅れがでて、影響をうけたのは6万4千人にのぼるそうだ。
男性も当然会議に間に合う訳もなく、他の乗客とっても大変な迷惑となっただろう。自力で窓から出たというが、窓からの車高はなかなか高さがあると思うのだが・・・。